離婚では弁護士を介在させるべきか

離婚をする時に必ず弁護士に依頼しなければならないのかといえばそうではなく話し合いで住むことができるのであればそれに越したことはないです。何かしらトラブルがあって離婚ということになるというイメージを持っている人が多いのですが必ずしもそうではなく、性格の不一致などの特にどちらかに非が大きくあるというわけではない理由で離婚ということもあるわけです。そこで大事になってくるのが財産分与と子供がいるのであれば親権及び養育費に関することです。

その点についても話し合いで済むのであれば弁護士は必要ないことも多いのですが弁護士を介入させることによってこちらに有利に話を進めるということができるようになる可能性が高いです。とにかくこれから離婚をしようとしているわけですから、理由はともかくとして自分が有利になることができるように手を尽くすということは決して恥ずかしいことではないのです。少なくとも私はそう思って依頼をしました。