労務問題を抱えている企業はどういうのか

労務問題を抱えている企業というのは一見して問題がなさそうな企業でも意外と抱えている事があります。それはどういう事かというと、表向きは不満がなそうでもその企業で働く社員も実は大きな不満を持っているという事があります。

 

なので最近はそういう悪い労働環境で働く日本人がいないからという理由で海外から研修名目で工場で働かせている企業が多いですがその海外から来た労働者ですらその職場環境に不満を持ってしまってある日突然いなくなってしまうという事があります。

 

こういう企業の話を聞いて問題だと思ったのは企業自身は悪くないと思っている点です。
あくまで労働者が勝手に不満を持って勝手に脱走したと思っています。

 

ですが、こういう企業は根本的に考え違いをしています。なぜなら、いくら自分たちはそれなりに良い待遇をしているはずだと思っていますが働いている人の気持ちは理解していないというのがあるからです。

 

なので自分は悪くないと最初から思い込んでいるのでその企業の体質を改めようとしないです。
それではいくら経っても逃げ出す労働者個人の問題だと思ってしまっていつまで経っても問題は解決しないです。

 

問題は労働者がどの点に不満を持っているかという点をしっかり把握する事です。
それを分かってない企業が意外と多いです。